目次へ

カジュラホの建造物群インド・1986年登録 文化遺産


 カジュラホは10世紀から13世紀にかけて、チャンドラ王朝の都だった。村には王朝時代のヒンドゥー教、ジャイナ教寺院が25寺院残る。寺院は西のヒンドゥー教寺院群、東のジャイナ寺院群、南のヒンドゥー教群に分けられる。

 カジュラホの寺院は、砲弾型の塔状屋根を持つ建築スタイルが特徴。寺院の外壁を埋め尽くす天女像やミトゥナ(男女交合)の浮き彫りが観光客を集めている。
 とくに西群のカンダリヤ・マハーデーヴァ寺院の官能壁画には圧倒される。遠慮がちにその一部を掲載した。

 
              詳しくは海外旅行記「インド編」をどうぞ。 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg
61_thumb.jpg
62_thumb.jpg
63_thumb.jpg
64_thumb.jpg
65_thumb.jpg
66_thumb.jpg
a_thumb.jpg
68_thumb.jpg
69_thumb.jpg
70_thumb.jpg

(2008年1月撮影)