目次へ

タージ・マハルインド・1983年登録 文化遺産


 タージ・マハルはムガール帝国5代皇帝のシャー・ジャハーンが、最愛の王妃ムムターズ・マハルの死を悼んで建造した壮大、かつ華麗な霊廟である。

 厖大な国家予算を投入し、全国から選りすぐった職人を、毎日2万人動員した国家プロジェクト。霊廟は塀で囲まれた580m×300mの敷地に南楼門、四分庭園、モスク、4本の尖塔、墓廟、迎賓館などがある。

 
              詳しくは海外旅行記「インド編」をどうぞ。 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
53_thumb.jpg
43_thumb.jpg
42_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg
61_thumb.jpg
62_thumb.jpg
63_thumb.jpg
64_thumb.jpg
65_thumb.jpg

(2008年1月撮影)