目次へ

ラヴェンナの初期キリスト教建造物群Tイタリア・1996年登録 文化遺産


サン・ヴィターレ聖堂


 ラヴェンナは、エミリア・ロマーニャ州ラヴェンナ県の県都。アドリア海に面した海港都市で、古代ローマ時代から中世にかけて繁栄した。町には5世紀から6世紀ごろ建設された聖堂や霊廟、洗礼堂などが点在。色鮮やかなモザイク画が花を添えている。

 その代表格がサン・ヴィターレ聖堂。内陣を飾る旧約聖書の物語、東ローマ帝国のユスティニアヌス帝と皇妃テオドラなどのモザイク、クーポラ周辺のモザイク床は、まさに「至宝」である。

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg

(2015年3月撮影)