目次へ

厳島神社 日本・1996年登録 文化遺産


 
日本三景の一つ、広島県廿日市市の「安芸の宮島」に建つ。神社が創建されたのは593年(推古元年)といわれ、約1400年の歴史をもつ。
 周囲30kmの宮島(厳島)は古来より神が宿る島として崇められ、瀬戸内海を制した平家一門の参拝どころとなった。

 現在の社殿は、平安時代末期に平清盛が建てたものといわれる。その後、何度か焼失し、その度に時の権力者が修理や改修を繰り返した。毛利元就も改修に力を入れた1人。近年も台風被害を受けて改修された。
 海中に建立された大鳥居は国の重文。鮮やかな朱色の本社本殿は国宝で、平舞台(国宝)、高舞台(国宝)、能舞台(国重文)などは回廊で結ばれている。

        

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
51_thumb.jpg
50_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg

(2006年5月撮影)