目次へ

古都奈良の文化財V日本・1998年登録 文化遺産


興福寺&薬師寺


 興福寺は奈良市登大路町にある法相宗の大本山。710年に創建され、天皇や皇后、また藤原氏の手で堂塔が建てられ、最盛期には175もの建物があった。
 奈良時代には4大寺、平安時代には7大寺の一つに数えられたが、戦国時代に入って徐々に勢力が衰え、1717年には北円堂、東金堂、食堂(じきどう)以外の伽藍が消失。それ以後、徐々に伽藍に復興された。南円堂は創建以来、4度目の建物で、西国33か所巡りの第9番札所。

 一方の薬師寺は奈良市西ノ京町にあり、興福寺とともに法相宗の大本山である。天武天皇が680年、藤原京に創建。718年の平城遷都にともなって現在地に移転した。
 南都7大寺の一つに数えられたが、数度の災害や1528年の兵火で破壊され、当時の建物で現存するのは東塔のみ。金堂は1976年、西塔は1981年、中門は1984年、回廊は1991年に復興された。東塔は2014年現在、大がかりな修復工事中。

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
35_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg


(興福寺は2012年5月、薬師寺は2014年5月撮影)