目次へ

古都京都の文化財T日本・1994年登録 文化遺産


宇治平等院と宇治上神社


 古都京都の文化財は京都、宇治、大津の3市にまたがる。

 平等院は宇治川西岸に建つ。源重信の別荘を、藤原頼通が1052年(永承7年)に寺院に改修した。鳳凰堂(国宝)には鳳凰が羽ばたき、仏師・定朝作の阿弥陀如来像が安置されている。梵鐘は日本三名鐘の一つ。

 一方、宇治上神社は、日本でも最古の神社建築といわれる。藤原氏が平等院を建立した際に、その鎮守社として崇められた。宇治の七名水の一つ、桐原水はいまも湧いている。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg
61_thumb.jpg
62_thumb.jpg
63_thumb.jpg
64_thumb.jpg
65_thumb.jpg
66_thumb.jpg
67_thumb.jpg
68_thumb.jpg
69_thumb.jpg
70_thumb.jpg

(2012年5月撮影)