目次へ

琉球王国のグスクと関連遺跡群U 日本・2000年登録 文化遺産

今帰仁城跡


 今帰仁城は、沖縄本島の北部、本部半島にある歴史的なグスク。歴史は古く、13世紀に遡るといわれる。琉球が中山に統一される前の「三山鼎立時代」には山北(北山)王の居城とし、また中山が三山を統一した後は琉球王府から派遣された監守という役人の居城だった。
 外郭を含めて7つの郭からなり、首里城とほぼ同じ規模。地形を巧みに利用した石垣は見事な曲線を描いており、沖縄屈指の名城である。

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg


(2012年4月撮影)