目次へ

白神山地 日本・1996年登録 自然遺産


 
青森県の南西部から秋田県北西部にかけて広がる13万fの山地。人の手がまったく加えられていない太古からの自然をそのままに残している貴重なブナの森林地帯である。
 世界自然遺産に登録されているのは、約1万7000ヘクタールのエリア。青森県側が74%を占めている。山地の入山は一部を除いて原則禁止。

 世界最大級のブナの原生林には、ミズナラ群落やサワグルミ群落など多種多様な植物が育ち、ツキノワグマやニホンザル、クマゲラ、イヌワシなど多くの動物も生息している。

 今回は青森県側を散策した。暗門大橋を渡って、最深の暗門の滝をめざす。川沿いの散策道「暗門遊歩道」と途中から分かれる「ブナ林散策道」の2つのルートがあり、往路はブナ林、帰路は遊歩道をたどった。

 

          

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
23_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg

(2006年7月撮影)