目次へ

古都奈良の文化財T日本・1998年登録 文化遺産


東大寺


 東大寺は奈良市雑司町にある華厳宗大本山。聖武天皇が皇太子供養のため、728年に建立した金鐘寺が始まりとされる。「奈良の大仏(盧舎那仏」)を本尊とする東大寺になったのは745年。

 その後、東西2つの七重塔、大仏殿や講堂などの伽藍が建つ壮大な寺院になったが、2度の兵火で焼失し、1709年に現在の伽藍が再建された。1978年(昭和53)に行われた大仏殿の大屋根修復工事では11万枚の瓦が葺き替えられた。今回は大仏殿を中心に掲載した。

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg

 
(2012年5月撮影)