目次へ

アンコール遺跡群Vカンボジア・1992年登録 文化遺産

アンコール・トム


 アンコール・トムは、12世紀に21代目の王ジャヤヴァルマン7世が創建した仏教の都。幅113m、全長12kmの環濠に囲まれた総面積9平方kmの壮大な遺跡である。現在の姿になったのは13世紀初め。
 
 観世音菩薩(仏陀)の4面仏顔が彫られた45基の祠堂、象のテラス、ライ王のテラスなど見どころが多い。回廊の壁画も素晴らしい。しかし、時間の都合で、レリーフの画廊と評価されているバイヨン第1回廊の壁画を見られなかったのは、返す返すも残念だった。

             詳しくは海外旅行記「カンボジア編」をどうぞ。 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
26_thumb.jpg
25_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg
61_thumb.jpg
62_thumb.jpg
63_thumb.jpg
64_thumb.jpg
65_thumb.jpg

(2007年11月撮影)