目次へ

海印寺(カヤサンヘインサ)韓国・1995年登録 文化遺産


 海印寺は大邱郊外の伽耶山南麓に建つ名刹。統一新羅時代の802年、僧の義湘が華厳宗布教のために建てた。釜山近郊の通度寺、光州近郊の松広寺と並ぶ韓国・三宝寺刹の一寺とさる。

 海印寺は仏教の経典「八万大蔵経」の版木を所蔵していることが評価されて、世界遺産に登録された。貴重な蔵経が納められているところから「法の寺」とも呼ばれる

 
            詳しくは海外旅行記「韓国編」をどうぞ。 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
18_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
53_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg
61_thumb.jpg
62_thumb.jpg
63_thumb.jpg
64_thumb.jpg
65_thumb.jpg

(2008年4月撮影)