目次へ

アンブヒマンガの王家の丘マダガスカル・2001年登録 文化遺産


 アンブヒマンガは、マダガスカル島を統一したメリナ王国の都があった場所。森林に囲まれた標高1468mの丘に城塞や王宮(ロバ)が残っており、歴代の王が眠る聖なる地といわれている。

 王領地は周囲2.5kmの城壁に囲まれ、木造の王宮や王の墓、祭儀場などの国家機能が整備された。
 
       
        詳しくは海外旅行記「マダガスカル編」をどうぞ 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg

(2012年10月撮影)