目次へ

オアハカ歴史地区とモンテ・アルバン遺跡 メキシコ・1987登録 文化遺産


 オアハカは先住民文化が花開いたアステカ王国だったが、1521年にスペイン軍の支配下に入り、植民都市建設が進められた。
 コロニアル建築が並ぶ町は、オアハカ州の州都となり、民族色と相まって観光客の人気を集めている。

 一方、モンテ・アルバンは紀元前500年ごろ、サポテカ族が築いた都市遺跡。中央アメリカでは最古といわれる。敷地内にピラミッドや宮殿、地下墳墓、天文台など20以上の建造物があった。踊る人々のピラミッドが最大の見どころ。
 
            詳しくは旅行記「メキシコ編」をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
55_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg

(2002年2月撮影)