目次へ

チェチェン・イツァの古代都市 メキシコ・1988年登録 文化遺産


 チチェンイツァは5世紀半ばにユカタン半島北部の密林を切り開いて築かれたマヤ文明の都市。最初に都市をつくったのはマヤの一部族であるイツァ族で、紀元450年ごろから建設が始った。

 7世紀にいったん衰退したが、11世紀から13世紀にかけてマヤとトルテカの2大文明が影響を受け合う都市として再興した。
 都市は南北に別れている。南の旧チチェンはイツァ族が築き、北の新チチェンはマヤとトルテカ文明の融合エリア。、生け贄の壮絶なドラマを物語る場所でもある。

 
           詳しくは旅行記「メキシコ編」をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
18_thumb.jpg
16_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
17_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg

(2002年2月撮影)