目次へ

コトル地方の歴史的建造物と自然モンテネグロ・19793年登録 文化遺産


 コトルは、アドリア海沿いの港湾都市。ボカ・コトルスカ湾の奥に拓け、複雑な入り江と背後のロブツェン山(1749m)に守られた良港である。さまざまな国に支配されながらも自治を保ち、地形を利用した交易で栄え、12世紀から14世紀に最盛期を迎えた。

 旧市街は全長4.5kmの城壁に囲まれ、12世紀から15世紀にかけて建てられた教会や邸宅などの歴史的建造物が残り、中世の面影を漂わせている。
 
      
        詳しくは海外旅行記バルカン半島編」をどうぞ。 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg
61_thumb.jpg
62_thumb.jpg
63_thumb.jpg
64_thumb.jpg
65_thumb.jpg
66_thumb.jpg
67_thumb.jpg
68_thumb.jpg
69_thumb.jpg
70_thumb.jpg

(2010年5月撮影)