目次へ

カトマンズの谷 ネパール・1979年登録 文化遺産

バクタプル

 
 
カトマンズの谷はヒマラヤ山脈の麓、標高1350mに位置する盆地。500平方kmの温暖な気候の地に13世紀から18世紀にかけてマッラ王朝のカトマンズ、バクタプル、パタンの3王国が栄え、ヒンズー教と仏教が融合した独自の文化を育て上げた。盆地全体が世界文化遺産に登録されている。

 その一つ、バクタプルは、9世紀後半に築かれた盆地内では最古の都。マッラ王朝の3つの王国の中ではもっともヒンズー教の色彩が強いところ。

            詳しくは旅行記「ネパール編」をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

50_thumb.gif
ダルバール広場
30_thumb.gif
32_thumb.gif
55窓の宮殿
42_thumb.gif
4_thumb.gif
ニャタポラ寺院
5_thumb.gif
11_thumb.gif
15_thumb.gif
タチュパル広場
10_thumb.gif
18_thumb.gif
ダッタトラヤ寺院
31_thumb.gif
窓の装飾
33_thumb.gif
旧王宮
34_thumb.gif
38_thumb.gif
39_thumb.gif
40_thumb.gif
井戸
41_thumb.gif
バイラヴナート
43_thumb.gif
44_thumb.gif
53_thumb.gif
54_thumb.gif
55_thumb.gif
正面階段の像
56_thumb.gif
ダッタトラヤ寺院
59_thumb.gif
60_thumb.gif
街角の祠

(2003年11月撮影)