目次へ

カトマンズの谷 ネパール・1979年登録 文化遺産

ダルバール広場(カトマンズ)


 カトマンズの谷はヒマラヤ山脈の麓、標高1350mに位置する盆地。13世紀から18世紀にかけてマッラ王朝のカトマンズ、バクタプル、パタンの3王国が栄え、ヒンズー教と仏教が融合した独自の文化を育て上げた。
 
 カトマンズのダルバール広場やその周辺には生き神の住むクマリの館やシヴァ寺院など各時代の寺院20棟あまりが高度な建築技術を競い合っている。今回は広場を中心に紹介した。
  
               詳しくは旅行記「ネパール編」をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

1_thumb.gif
ダルバール広場
2_thumb.gif
3_thumb.gif
カスタ・マンダバ寺院
4_thumb.gif
5_thumb.gif
甘党の神様
6_thumb.gif
マジュ・デガ寺院
7_thumb.gif
入り口の装飾
8_thumb.gif
クマリの館中庭
9_thumb.gif
窓の装飾
10_thumb.gif
11_thumb.gif
クマリの館館
13_thumb.gif
マジュ・デガ寺院
14_thumb.gif
15_thumb.gif
シヴァ・パールバティ寺院
16_thumb.gif
シバ神と妃
17_thumb.gif
18_thumb.gif
広場の寺院群
19_thumb.gif
20_thumb.gif
21_thumb.gif
ハヌマーン像
22_thumb.gif
旧王宮入り口
27_thumb.gif
露店
28_thumb.gif
ナサル・チョク
30_thumb.gif
塔の上から
31_thumb.gif
塔の上から
35_thumb.gif
37_thumb.gif
カーラ・バイラヴ
38_thumb.gif
バサンタブル・バワン
39_thumb.gif
41_thumb.gif
タレジュ寺院

(2003年11月撮影)