目次へ

カトマンズの谷V ネパール・1979年登録 文化遺産

パタン

 
 
カトマンズの谷はヒマラヤ山脈の麓、標高1350mに位置する盆地。パタンはカトマンズ盆地で最古の町でマッラ朝当時の首都。

 ネワール族の文化が花開いて芸術の町として発展した。人口25万人のうちの80%を彫刻や工芸、絵画、建築などの技術に優れたネワール族が占めている。

              詳しくは旅行記「ネパール編」をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
31_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg

(2003年11月撮影)