目次へ

ロイヤル・チトワン国立公園 ネパール・1984年登録 自然遺産


 ロイヤル・チトワン国立公園はネパールにある7つの国立公園のうちの一つ。ヒマラヤ山脈の麓のタライ平原に残された自然保護区で、アジア最大を誇る野生動物の宝庫。主な動物はサイ、ワニ、トラ、シカなど。

 1961年にサイ保護区、1973年には国内初の国立公園に指定され、今日に至っている。
 
            詳しくは旅行記「ネパール編」をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

1_thumb.gif
10_thumb.gif
11_thumb.gif
12_thumb.gif
13_thumb.gif
14_thumb.gif
15_thumb.gif
2_thumb.gif
3_thumb.gif
4_thumb.gif
5_thumb.gif
6_thumb.gif
7_thumb.gif
8_thumb.gif
9_thumb.gif

(2003年11月撮影)