目次へ

クスコ市街 ペルー・1983年登録 文化遺産


 クスコはインカ帝国の都。黄金を纏う太陽の神殿は、現人神の皇帝が神に捧げる祭事を営む聖域。しかし、15世紀半ばスペイン人が侵略し、神殿の上に教会を建てた。それがサント・ドミンゴ教会。

 クスコ市街を見下ろす高台には石造建造物のサクサイワマン遺跡がある。300mにわたってジグザグに連なる3層の石組み跡だ。

            詳しくは旅行記「ペルー・ボリビア編」をどうぞ。
 

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg

(2002年6月撮影)