目次へ

ナスカとフマーナ平原の地上絵 ペルー・1994年登録 文化遺産


 地上絵はペルーの中南部に広がる450平方kmの平原にある。1世紀から7世紀にかけて繁栄したナスカの人々が残したという巨大な動物や幾何学的な図形が点在する。

 地上絵は動植物が70、幾何学的模様が700以上もあり、最も大きいのは全長135mのコンドルと。描かれたのは6世紀頃、つまり1300年も前のことと伝えられている。

 
          詳しくは旅行記「ペルー・ボリビア編」をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

1_thumb.gif
遊覧飛行
2_thumb.gif
ナスカ上空
6_thumb.gif
コンドル
7_thumb.gif
9_thumb.gif
14_thumb.gif
15_thumb.gif
ハイウェー
16_thumb.gif
宇宙人?
18_thumb.gif
地上絵の周辺岩場
20_thumb.gif
観測塔
21_thumb.gif
樹木
23_thumb.gif
24_thumb.gif
28_thumb.gif
コンドル
10_thumb.gif
コンドル
11_thumb.gif
クモ
13_thumb.gif
幾何学模様
3_thumb.gif
イヌ?、ジャッカル?
5_thumb.gif
4_thumb.gif
サル
8_thumb.gif
12_thumb.gif
25_thumb.gif
26_thumb.gif
27_thumb.gif
ペリカン

(2002年6月撮影)