目次へ

トルンの中世都市U ポーランド1997年登録 文化遺産


市内の通りと建物など


 トルンの歴史は、ドイツ騎士団が13世紀中ごろ、城を築いたのが始まりとされる。町はハンザ同盟に加入して力を得て、14世紀後半から15世紀後半にかけて隆盛期を迎えた。

 1454年に市民が蜂起、騎士団を撃退して城を破壊したが、ヴィスワ川沿いには城壁や城門などが残っている。町の中心である旧市街には、繁栄当時を偲ばせるドイツ風のゴシック様式、ルネサンス様式の建物が多い。

          
        詳しくは海外旅行記「ポーランド編」をどうぞ。 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg

(2009年6月撮影)