目次へ

アルコバサのサンタ・マリア修道院ポルトガル・1989年登録 文化遺産


 アルコバサのサンタ・マリア修道院は、アフォンソ1世がポルトガル王国をシート派修道院の創始者、聖ベルナールに認めさせ、キリスト教国として権威づけるために建立した。

 フォンソ1世の死後もアフォンソ2世らによって工事が続けられ、簡素を旨とする建物が完成したのは、70年後の1222年になってから。1834年に廃院になったが、内部の各所に趣向が見られる。

 
           詳しくは海外旅行記「ポルトガル編」をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg

(2007年9月撮影)