目次へ

アンジャール レバノン・1984年登録 文化遺産


 アンジャールは、ベイルートの東50kmにあるウマイヤ朝時代の遺跡。第6代カリフ、ワリード・ベン・アブドルマラック1世が8世紀に造営した夏の離宮である。

 列柱通りの周辺に王宮をはじめ、公衆浴場やカリフの寵愛を受けた女性たちの第2宮殿(ハーレム)、モスク、住居区などが残る。当時、、沿道には600以上の商店が軒を並べていたという。

        詳しくは「レバノン・キプロス編」をどうぞ。

画像をクリックすると大きな写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg

(2005年4月撮影)