目次へ

ティルス レバノン・1984年登録 文化遺産

 
 ティルス(現スール)はベイルートの南80km、イスラエルまではわずか18kmにあるフェニキアの中心都市跡。町の歴史は紀元前2750年に遡る。海上交易で財を成し、最盛期にはカルタゴ(チュニジア)をしのぐほどの勢力があった。

 アレクサンドロス大王に侵攻されたり、ローマの支配下に置かれたりしてフェニキア時代の遺構は失われているが、海側と陸側の広大な遺跡にはローマやビザンティン帝国時代のネクロポリスや戦車競技場、凱旋門、劇場や公共浴場などの建造物が残されている。

             詳しくは「レバノン・キプロス編」をどうぞ。
 

画像をクリックすると大きな写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg

(2005年4月撮影)