目次へ

キュレーネの考古遺跡 (リビア・1982年登録 文化遺産)


 キュレーネはジャバル・アクダル県にある広大な都市遺跡。紀元前630年ころ、ギリシャ・デルフィでアポロンの信託を受けたギリシャ人が泉がある理想郷を求めて移り住んだ植民都市だ。

 都市は古代ギリシャから古代ローマにかけて、地中海貿易によって隆盛。遺跡にはその当時に造営されたフォーラムやギリシャ劇場、ローマ劇場、アゴラ、神官の住居、アポロンの泉、アポロン神殿などが残されている。

               詳しくは旅行記「リビア編」をどうぞ。
 

画像をクリックすると拡大写真になります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg

(2000年2月撮影)