目次へ

レプティス・マグナの遺跡 リビア・1982年登録 文化遺産


 レプティス・マグナは古代ローマの植民地跡。カルタゴの衛星都市であり、商業、港湾都市として栄え、地中海交易の重要拠点だった。

 2世紀末、同地出身のセプティミウス・セウェルスがローマ皇帝になってからバジリカや四面門、凱旋門などが建設されが、その後の侵入者に破壊され、アラブ人が侵攻した7世紀以降は砂の中に埋もれたまま放置されていた。
 
            詳しくは旅行記「リビア編」をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg
61_thumb.jpg
62_thumb.jpg
63_thumb.jpg
64_thumb.jpg
65_thumb.jpg
66_thumb.jpg
67_thumb.jpg
68_thumb.jpg
69_thumb.jpg
70_thumb.jpg
71_thumb.jpg
72_thumb.jpg
73_thumb.jpg
74_thumb.jpg
75_thumb.jpg
76_thumb.jpg
77_thumb.jpg
78_thumb.jpg
79_thumb.jpg
80_thumb.jpg
81_thumb.jpg
82_thumb.jpg
83_thumb.jpg
84_thumb.jpg
85_thumb.jpg
86_thumb.jpg
87_thumb.jpg
88_thumb.jpg
89_thumb.jpg
90_thumb.jpg
91_thumb.jpg
92_thumb.jpg
93_thumb.jpg
94_thumb.jpg
95_thumb.jpg

(20003年2月撮影)