目次へ

ウラジーミルとスズダーリの白石建造物ロシア・1992年登録 文化遺産


 スズダリとウラジミールはロシアの原風景といわれる黄金の環にある古都。スズダリはカーメンカ川沿いの緑豊かな田園地帯にあり、12世紀半ばにはウラジミール・スズダリ公国が置かれたところ。

 一方のウラジミールはかつて、ロシアを支配した大公国。キエフのウラジミール・モノマフ公が遊牧民の侵入を防ぐため、1108年にボルガ川の支流であるクリヤジマ川の北側に木造の要塞を築いたのが町の始まり。
            
               詳しくは旅行記「ロシア編」をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg

(2006年8月撮影)