目次

ブコヴィナ地方の修道院群 ルーマニア・1993年登録 文化遺産


 修道院は主なものが8つあり、そのうちスチェヴィツァ、モルトヴィッツァなど7つが世界遺産に登録されている。
 いずれも15-16世紀に黄金期を迎えたモルトヴァ公国の所産。

 修道院群の特徴は外壁を彩るフレスコ画(聖画)。大半は無名の画家たちが聖書の物語をはじめ、地元の風景や生活の様子などを題材にして描いたもの。

               詳しくは旅行記「ルーマニア編」をどうぞ。

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

55_thumb.jpg
11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg

(2003年6月撮影)