目次

クラック・デ・シュバリエシリア・2006年登録 文化遺産


 クラック・デ・シュバリエは十字軍が残した城の一つ。切り立った玄武岩の急勾配に建てられ、かつて騎士軍が駐在していた。279年にマムルーク朝の投石攻撃で落城し、その後アラブ風に改修され、東西融合の趣をいまに残している。

 中には馬小屋、アラブ風の浴場、食料庫、君主の寝室、礼拝堂、アーチ天井のホールなどが残されている。

           詳しくは旅行記「シリア・ヨルダン・レバノン編」をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg

(1999年10月撮影)