目次へ

サンディアゴ・デ・コンポステーラの旧市街 スペイン・1985年登録 文化遺産


 サンディアゴ・デ・コンポステーラは9世紀にキリスト12使徒の1人、聖ヤコブ(サンディアゴ)の墓が見つかったところ。ローマ、エルサレムと並ぶカトリック教徒の3大聖地として、巡礼者が絶えない。
 巡礼は9世紀から始まり、多くの人がピレネー山脈を越え、フランスを抜け、命がけでこの地に赴いたといわれる。

 
          詳しくは旅行記「スペイン北部編」をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

10_thumb.gif
宣教
11_thumb.gif
12_thumb.gif
パフォーマンス
13_thumb.gif
イベント
19_thumb.gif
大聖堂
2_thumb.gif
巡礼者
22_thumb.gif
ホタテ貝を胸に
23_thumb.gif
青空市
24_thumb.gif
聖堂入り口の装飾
25_thumb.gif
歓喜の丘モニュメント
3_thumb.gif
4_thumb.gif
市庁舎
6_thumb.gif
7_thumb.gif
栄光の門
8_thumb.gif
大聖堂のミサ

(2000年5、6月撮影)