目次へ

聖地アヌラーダプラT スリランカ1982年登録 文化遺産


◆イスルムニヤ精舎・アバヤギリ大塔など◆


 
アヌラーダプラは、北中部州にあるスリランカ最古の都。紀元前5世紀に興ったシンハラ王朝が、パンドゥカーバヤ王の時代の紀元前377年に都と定めて、都市建設を始めた場所である。
 紀元前3世紀に仏教が伝えられ、当時の王が帰依して、数多くの仏教施設が誕生。仏教の聖地として発展。同時に灌漑用の人工池(ウェーワ)建設も進められた。

        詳しくは海外旅行記「スリランカ」をご覧下さい。

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg

(2012年12月撮影)