目次へ

ゴールの旧市街と要塞 スリランカ・1988年登録 文化遺産



 
ゴールはスリランカ最南端の都市。旧市街にはポルトガル、オランダ、イギリスなどに配された時代の特色が残されている。植民地時代のクラブハウス、郵便局、裁判所、病院、兵舎跡、警察署などがあった。

 海辺の要塞は、オランダ人が整備、イギリス人が拡充した。現在もムーン、スター、アエロスなど、14の稜堡を持つ要塞が残っている。写真はムーン要塞

           詳しくは海外旅行記「スリランカ」をご覧下さい。

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg

(2012年12月撮影)