目次へ

セレンゲティ国立公園 タンザニア・1981年登録 自然遺産


 セレンゲティ国立公園はタンザニア北部のセレンゲティ高原からキリマンジャロ山西方に広がる世界で最も有名な野生生物の保護区。公園はいわゆるサバンナ地帯の中心にあり、面積は1万4763平方kmで四国よりも広い。

 草原には200種以上の鳥と35種の動物が生息。「ビッグ・ファイブ」のゾウ、サイ、ライオン、ヒョウ、バッファローをはじめ、チーターやキリンなど、その数ざっと300万頭とも400万頭ともいわれる。

 
         詳しくはの旅行記「ケニア・タンザニア編」をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg

(2004年3月撮影)