目次へ

ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群 トルコ・1985年登録 自然・文化遺産


 ギョレメ国立公園はトルコの首都・アンカラの南西220km、標高1000m以上の高台にある。イスラム教徒の迫害を逃れたキリスト教徒が7世紀から13世紀にかけて岩に洞穴を掘って修道院や聖堂を造り、信仰を守った。
 現存している洞窟修道院などは約30。「リンゴの聖堂」、「蛇の聖堂」、「サンダルの聖堂」などの名がつけられ、堂内の壁には当時のフレスコ画が残されている。
 
 カッパドキアの岩窟群は海抜1200mのアナトリア高原中央部にある。300万年前の大噴火によって堆積した溶岩が風雨に浸食され、世にも不思議な奇岩地帯を創造した。
 紀元前4000年前には奇岩に洞穴を掘って住む人が現れ、キノコや尖塔をした巨岩には当時の暮らしが残されている。

 訪れたときは天候が不順で、ネコの目のような変わり目の早い空模様。加えてフィルムの劣化もあり、写真の色合いにばらつきができた。

              旅行記は掲載していません。
   

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg

(1995年9月撮影)