目次へ

ネムルト・ダートルコ・1987年登録 文化遺産


 ネムルト・ダー(ネムルート山)はアナトリア高原を縦断するアンティ・トロス山脈の南にある。標高2180mの山頂に紀元前に栄えたコンマゲネ王朝、アンティオコス1世の墳墓が造営されている。

 東西にテラスがあって、日の出と同時に墳墓が赤く染まる荘厳な情景が観光客を魅了する。
    
           詳しくは旅行記「トルコ東部編をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

1a_thumb.gif
日の出前
2a_thumb.gif
日の出を待つ
3a_thumb.gif
日の出
4a_thumb.gif
染まる墳墓
5a_thumb.gif
東のテラス
6a_thumb.gif
7a_thumb.gif
8a_thumb.gif
西のテラス
9a_thumb.gif
10a_thumb.gif
11a_thumb.gif
12a_thumb.gif
13a_thumb.gif
14a_thumb.gif
15a_thumb.gif
16a_thumb.gif
17a_thumb.gif
18a_thumb.gif
壁画
19a_thumb.gif
西のテラス
20a_thumb.gif
下山

(2001年8、9月撮影)