目次

クニャ(古)・ウルゲンチトルクメニスタン・2005年登録 文化遺産


 クニャ・ウルゲンチはアムダリア川の下流に位置し、かつてはホレズム王国最大のオアシス都市として栄えた古(旧)ウルゲンチのこと。
 8世紀からキャラバン商路の十字路として繁栄し、10世紀にはブハラに並ぶ大都市に。14世紀ごろには中央アジア最大の都市に発展した。

 その後、モンゴル軍の侵略、ティムールによる破壊、アムダリア川の流れの変化などによって、16世紀にウズベキスタン領のウルゲンチへと町を移した。
 
          詳しくは旅行記「ウズベキスタン・トルクメニスタン編」をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
37_thumb.jpg
36_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg

(2006年10月撮影)