目次

古代メルトルクメニスタン・1999年登録 文化遺産


 メルブはカラクム砂漠の南端にある中央アジア有数のオアシス都市。紀元前6世紀からアケメネス朝ペルシャの支配下にあるシルクロードの交易都市として繁栄。セルジューク朝の首都になった11-12世紀に最盛期を迎える。

 都市は1221年にモンゴル軍に攻められ、歴史の舞台から姿を消した。しかし、城壁や廟は被害を逃れ、70平方kmの広大な地域に拝火教のゾロアスター教やキリスト教の遺構のほか、仏院や僧院跡など世界最西端の仏教遺跡が現存している。
 
          詳しくは旅行記「ウズベキスタン・トルクメニスタン編」をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg

(2006年10月撮影)