目次へ

プラハ歴史地区チェコ・1992年登録 文化遺産


 プラハはスラブ民族がヴルタヴァ川の周辺を開拓してできた町。880年ごろ、西岸の丘の上にプラハ城の基礎となるヴィシェラフト城が築かれて急速に発展した。

 現在も「百塔の町」、「北のローマ」などと表現されるプラハ。ヴルタヴァ川を挟んで西岸にプラハ城、平坦部の東岸には旧市庁舎や国民劇場などがある。両岸を結ぶのが、かの有名なカレル橋。橋上は観光客が途切れることがない。
           
            詳しくは旅行記「チェコ・ハンガリー編」をどうぞ
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
28_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg

(2001年6月撮影)