目次へ

チェスキー・クルムロフ歴史地区 チェコ・1992年登録 文化遺産



 チェスキー・クルムロフはS字形に蛇行するヴルタヴァ川に抱かれた小さな町。中世からルネッサンス時代にかけての面影を今に残している。

 町はかつて銀山で栄えた。その繁栄ぶりをチェスキー・クルムロフ城が証明している。彩色鮮やかな塔は町のシンボルであり、どこからでも望める。

 
         詳しくは旅行記「ハンガリー・チェコ編をどうぞ。

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
27_thumb.jpg
26_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
34_thumb.jpg
33_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg

(2001年6月撮影)