目次へ

ドゥッガの考古遺跡 チュニジア・1997年登録 文化遺産


 ドゥッガはヌミディア王国の属国だったが、紀元前46年にローマの植民都市となって450年間続いた。3世紀後半から4世紀初めに最も栄えて建造物が増え、1万人が住む大都市に。

 4世紀末にローマ帝国が東西に分裂して衰退、歴史の舞台から消滅した。1899年に発掘調査が始まったとき、土に埋もれた遺跡の上にはアラブ人が生活していたという。

              詳しくは旅行記「チュニジア編」をどうぞ。
 

画像をクリックすると大きな写真に変わります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
46_thumb.jpg
45_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg
51_thumb.jpg
52_thumb.jpg
53_thumb.jpg
54_thumb.jpg
55_thumb.jpg
56_thumb.jpg
57_thumb.jpg
58_thumb.jpg
59_thumb.jpg
60_thumb.jpg
61_thumb.jpg
62_thumb.jpg
63_thumb.jpg
64_thumb.jpg
65_thumb.jpg

(2002年11月撮影)