目次へ

古代カルタゴ都市ケルクアンとその墓地遺跡 チュニジア・1985年登録 文化遺産


 ケルクアンは紀元前6世紀にフェニキア人が地中海のそばに造った都市遺跡。紀元前3世紀の第1次ポエニ戦争でローマ軍に破壊され、その後1957年に発見されるまで忘れ去られていた。

 住宅の中央に豊穣の神、タニト神のシンボルマークが描かれ、中庭には井戸と浴槽が設けられている。小部屋が多数あり、床にはシンプルながらモザイクも施されている。

           詳しくは旅行記「チュニジア編」をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg

(2002年11月撮影)