目次へ

サマルカンドウズベキスタン・2001年登録 文化遺産


 サマルカンドは、タシケントに次ぐ国内第2の都市。アムダリヤ川支流のゼラフシャン川流域に位置している。、旧市街には14、15世紀に建てられた青タイル装飾のモスクやメドレセ、ティムール一族が眠る廟、ウルグ・ベクが造った天文台跡などの歴史的建造物が数多く存在。

 旧市街の建物はブルーのタイル装飾で飾られている。真っ青な空に映えるブルーはティムール帝国の象徴。「青の都」と称えられて旅人のロマンをかき立てて止まない

 
       詳しくは旅行記「ウズベキスタン・トルクメニスタン編」をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg

(2006年10月撮影)