目次へ

シバーム旧市街 (イエメン・1982年登録 文化遺産)


 シバームは砂漠地帯のオアシス。旧市街は東西500m、南北400mの城壁に囲まれた地域。伝統的な日干し煉瓦の高層建築500棟ほどが密集。約9000人が9つのモスクに見守られながら生活している。

 建物がどれも細くて高いのは、遊牧民のベドウィンの襲撃や洪水を防ぐため。また、建物と建物の間隔を狭くして密集させているのは、砂漠地帯特有の砂嵐と日照りから逃れるための知恵から。

 
               詳しくは旅行記「イエメン編」をどうぞ。
 

(画像をクリックすると大きな写真に変わります)

11_thumb.jpg
12_thumb.jpg
13_thumb.jpg
14_thumb.jpg
15_thumb.jpg
16_thumb.jpg
17_thumb.jpg
18_thumb.jpg
19_thumb.jpg
20_thumb.jpg
21_thumb.jpg
22_thumb.jpg
23_thumb.jpg
24_thumb.jpg
25_thumb.jpg
26_thumb.jpg
27_thumb.jpg
28_thumb.jpg
29_thumb.jpg
30_thumb.jpg
31_thumb.jpg
32_thumb.jpg
33_thumb.jpg
34_thumb.jpg
35_thumb.jpg
36_thumb.jpg
37_thumb.jpg
38_thumb.jpg
39_thumb.jpg
40_thumb.jpg
41_thumb.jpg
42_thumb.jpg
43_thumb.jpg
44_thumb.jpg
45_thumb.jpg
46_thumb.jpg
47_thumb.jpg
48_thumb.jpg
49_thumb.jpg
50_thumb.jpg

(1997年9月撮影)